社会の窓からこんにちわ

長文のエントリーが多いので、休み休み読んでいただくのがいいかと思います。
トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。
<< 28日後…◇第1回 ゴーストタウン映画祭 その2。 | main | 実録・貧乏暇なし◇ただの近況報告。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.04.27 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー◇第1回 ゴーストタウン映画祭 その3。


もしも世界が滅びたら、あんなこともできる、こんなこともできる……

そんな妄想にどっぷり浸ったことのある人のための、ゴーストタウン映画祭。
3本目にして、第1回映画祭のトリを飾るのは、1984年のアニメ映画だ。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
<1984年/東宝・キティフィルム/98分>


スタッフ
監督: 押井守 オシイマモル
演出: 西村純二 ニシムラジュンジ
製作: 多賀英典 タガヒデノリ
原作: 高橋留美子 タカハシルミコ
脚本: 押井守 オシイマモル
企画: 落合茂一 オチアイシゲカズ
作画監督: やまざきかずお 
森山ゆうじ モリヤマユウジ
撮影: 若菜章夫 ワカナアキオ
音楽: 星勝 ホシカツ
音楽監督: 早川裕 
主題曲: 松谷裕子 
美術: 小林七郎 コバヤシシチロウ
録音: 斯波重治 シバシゲハル
スクリプター: 久保真 
スタジオぴえろ 

キャスト(役名):
平野文 ヒラノフミ (ラム)
古川登志夫 フルカワトシオ (諸星あたる)
神谷明 カミヤアキラ (面堂終太郎)
島津冴子 シマヅサエコ (しのぶ)
鷲尾真知子 ワシオマチコ (サクラ)
千葉繁 チバシゲル (メガネ)
村山明 ムラヤマアキラ (パーマ)
野村信次 ノムラシンジ (カクガリ)
二又一成 フタマタイッセイ (チビ)
田中真弓 タナカマユミ (竜之介)
安西正弘 アンザイマサヒロ (竜之介の父)
池水通洋 イケミズミチヒロ (温泉マーク先生)
西村知道 ニシムラトモミチ (校長)
永井一郎 ナガイイチロウ (錯乱坊(チェリー))
杉山佳寿子 スギヤマカズコ (テン)
緒方賢一 オガタケンイチ (あたるの父)
佐久間なつみ サクマナツミ (あたるの母)
藤岡琢也 フジオカタクヤ (夢邪鬼)

ストーリー(Yahoo!ムービーより):
 キュートな異星人・ラムと、超女好き高校生あたるが連日のように巻き込まれる、突拍子もない超常現象や奇妙な事件を描く、ハイパーテンションSFラブ・コメディの劇場用作品、第2弾。脚本・監督を、「攻殻機動隊」の押井守が務めた。本作品の特異な世界観やストーリーは、現在の押井守の世界の原形とも言われている。あたるの通う友引高校は、本番を明日にひかえて文化祭の準備に大わらわ。だが……翌日になってもやはりあたるたちは文化祭の準備をしていた。実は友引高校のみんなは同じ日を延々と繰り返していたのだ。事態に気付いた担任の温泉マークと養護教諭・サクラは原因を究明しようとみんなを下校させるが、無事帰り着けたのはあたるとラムだけ。みんなは何度帰ろうとしても、友引高校に戻ってきてしまう。その間にも異変は起こり続け、ついに財閥の御曹司・面堂終太郎が自家用ハリアーを持ち出して空から現状を確認する事態に。すると、なんとそこには友引町を甲羅に乗せて中空をさまよう、巨大な亀の姿が…!!


「うる星やつら」とは何か。
20代以下だと知らない人も多いだろうが、そこから解説していくのもたいへん面倒なので、作品案内としてはこちらあたりを参照してもらうことにして、いきなり映画の話に入らせていただく。


タイトルの数字を見てわかる通り、本作はアニメ「うる星やつら」劇場版の第2作目なわけだが、それまでのTVシリーズや劇場第1作、原作と較べて、あまりに雰囲気が独特だったため、公開当時は熱心なファン(特に原作の)から
「これは『うる星やつら』ではない」
とまで言われていたと記憶している。
原作者の高橋留美子もそんなようなことを言っていたらしい。
だからといってつまらない映画かというとそんなことはなくて、ぼくはむしろかなり好きな作品だ。


主人公の諸星あたるたちが通う友引高校では、生徒一同泊まりこみで、にぎやかに学園祭の準備をおこなっていた。
翌日はいよいよ学園祭本番……のはずなのだが、なぜか一夜明けても生徒や教師たちは相変わらず「学園祭前日」を過ごしている。
翌日も、その翌日も。
毎日毎日
「明日は学園祭初日だ」
と言いながら、延々準備ばかりをしているのだ。

連日の泊まりこみによる過労で倒れ、一人帰宅した担任教師の温泉マーク(そういう名前)は、留守にしていた自宅が廃墟となっていたのを見て、はじめて自分たちの周りに異常事態が起こっていたことに気付く。
温泉マークの相談を受けて、校医で霊能者のサクラが事態解明に動き出した。

生徒を全員下校させたのだが、解散した面々は、どうしても街から出ることができず、再び学校へと戻ってきてしまう。
仕方なく、財閥の御曹司である面堂の自家用ハリアーで空に脱出した一行が見たものは、巨大なカメの背に乗って宇宙を漂う街の姿であった。

カメと宇宙。
映画『ダークシティ』に影響を与えたシーン。



そのときハリアーがガス欠を起こし、一同は仕方なく町に舞い戻るのだが、この翌日から、世界はがらっと変化してしまう。
お待ちかね、無人の廃墟になってしまうのだ。

廃墟と化した街。
郷愁を誘う終末の景色。



高校の校舎は水没し、ビルは崩れ去り、ハリアーに乗り合わせた一行以外の全ての人が街から消えていた。
しかし不思議なことに、そんな状況でも、一同が生活拠点にした諸星家にだけは、電気やらガスやら新聞やらが滞りなく供給されていたり、スーパーはなぜか尽きることのない在庫で生活を支えてくれていたりしていた。

廃墟名物。
もちろん健在な「(無料で)買い物大会」。



こんな世界にいきなり放り出されたあたるたちはどうしたかというと、ひたすら遊ぶのである。

校舎跡で泳いだり、映画館でゴジラ(1作目)を上映したり、ひたすら昼寝したり……生活の不安がないうえに、遊び放題ダラけ放題なこの生活、小松左京の「こちらニッポン…」を読んだとき以上にうらやましかったものだ。
ものだというか、いまでも心底うらやましいと思う自分がいるが。

バカンスざんまい。
電化製品使えるのが高ポイント。






しかしこの夢のような世界は、じつはほんとに夢なのだった。

現実と同じような夢を自在に作れる妖怪・夢邪鬼(むじゃき)が、ぐうぜん出会ったラムの理想を夢にしつらえ、他の一同を巻き込んだものだったのである。

夢邪鬼。
声は藤岡琢也。



夢邪鬼を追い詰め、事件の真相に迫った面堂とサクラであったが、逆に新たな夢の世界に封じ込められてしまう。
残されたあたるは、現実に戻ることができるのか……?


という、前半は押井守が得意とする「夢の中で見る夢、そのまた夢」といった入れ子のような物語展開。後半はグータラパラダイスからクライマックスに至るまで、ボンクラ心を刺激してやまない場面の数々が登場する映画である。

水没校舎。
「ゴーストタウンって、いいものですね……」



ゴーストタウン映画としては、やはり後半の楽園生活シーンに尽きる。
夢のように都合のいい世界はやはり夢なのだという夢のない話ではあるが、って自分でなに言ってるのか混乱しそうだが、たとえ夢だとしても。
こういう状況になったら楽しいだろう、ワクワクするだろうという正直な気持ちが、軽快な音楽とともにスクリーンに展開されるのは爽快であり、押井監督ありがとうという気持ちを禁じえない。

夏の昼寝。
そういえば最近昼寝してないな。



現時点で、これがいちばん理想のゴーストタウンといえる。
【2005.09.16 Friday 20:22】 author : 猫パンチ | 映画 ア行 | comments(8) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2015.04.27 Monday 20:22】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
これはいろんな意味で、
思い出の映画というか、
押井守との出逢いの映画
(見たのはビデオでですが)
だったもんで、なんか懐かしい
ですなあ。
あの廃墟は今でもふと思い出しますね。
AKIRA以上の原風景(藁)。
【2005/09/16 9:45 PM】 acoyo |
>acoyoさま

ぼくはこれ、中学生のときに映画館で観てショックを受けましたな。たしか同時上映が、吉川晃司の『すかんぴんウォーク』。どういう客層を呼びたかったのか全くわかりませんが(笑)

押井守ものでは、このあと『紅い眼鏡』を観てショック倍増でした。これまたゴーストタウンっぽい風景満載で、大好きな映画です。
【2005/09/16 11:45 PM】 猫パンチ |
普段あまりアニメーションを見ない私もこの映画は見て、かなりおもしろかったです。
実はこの映画、音楽監督としてのとりまとめは小椋佳の曲の絶品のアレンジで知られている「ホシカツ」こと星勝ですが、実際の曲は当時クロス・ウインドにいた安西史孝がかなり担当していて、この頃出たばかりのバカ高いサンプリング・シンセサイザーのフェアライトCMIを駆使した音楽&アレンジを聴いて、「すごいすごい」と興奮したものです。
安西史孝氏と一度お会いできたのは自慢です(←根がミーハー)。
【2005/09/17 7:50 PM】 サンタパパ |
>サンタパパさま

前から思ってたんですが、ホシカツっておいしそうな名前ですよね。クシカツとか干しカツとか、そういった連想ですが。

サントラも持ってますが、そんなゼイタクな音だったとは知りませんでした。こんど注意して聴きなおしてみますね。
安西氏、顔は知りませんけども、出す音はけっこう好きです。お会いしたって、ちょっとうらやましいですな。
【2005/09/17 8:50 PM】 猫パンチ |
あああ、なんだかリロードで同じコメントがあ(^^;。大変申し訳ありません。消しておいてくださいまし〜。
【2005/09/17 11:45 PM】 サンタパパ |
>サンタパパさま

はい、消しときましたー。
お気になさらず(笑)

【2005/09/18 12:11 AM】 猫パンチ |
猫パンチさま

インターネット上の市民参加型新聞「ツカサネット新聞」の斎藤と申します。

突然で大変恐縮ですが、こちらの猫パンチ様の映画等について綴られた個性的で訴求力のあるブログを拝見しまして、ぜひ「ツカサネット新聞」に記者登録とニュースの投稿をしていただけないかと思いご連絡させていただきました。

「ツカサネット新聞」は皆様から庭先の出来事から総選挙のお話まで、ブログ感覚で何でも気軽に投稿していただき全国の皆様へインターネットでお届けする新聞です。

ご投稿いただいたニュースが掲載されました際には、1,000円から1万円の原稿料をお支払いしております。詳しくは下記URLから「ツカサネット新聞」をご覧ください。

http://www.222.co.jp/netnews/

ほか、なにかご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ツカサネット新聞編集部・斎藤
netnews@222.co.jp
【2005/09/20 4:46 PM】 斎藤 |
>斎藤さま

サイト拝見しました。ツカサって、よんよんまるまるわんわんわんのツカサだったんですね。

このブログに訴求力があるかはともかく、面白そうでしたので、原稿料に目をくらませつつ記者登録させていただきました。


なお、誰でも登録できるらしいですので、興味のある人はばんばん登録してみてはいかがでしょうか。
【2005/09/20 6:43 PM】 猫パンチ |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://cat-punch.jugem.jp/trackback/105
トラックバック
田中真弓のプロフィール
田中真弓(たなかまゆみ)1955年1月15日生まれ。東京都出身の女優、声優。青二プロダクション所属。本名:阿部真弓(あべまゆみ)。青山学院女子短期大学卒業。声優としての主な役柄には、映画『天空の城ラピュタ』のパズー、『ドラゴンボール』のクリリン...
【2006/11/20 9:51 PM】 田中さんのブログ〜田中美保・美帆・れいな・ロウマ・気象予報士の田中まや〜 |
『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー 』この映画を見て!
第54回『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー 』見所:「不条理で幻想的なストーリー。ユートピアという名の友引高校学園祭」 今回は私が大好きなSFアニメ映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー 』を紹介します。「うる星やつら」というと高橋留美子
【2006/02/26 8:03 PM】 オン・ザ・ブリッジ |

PROFILE
RECENT COMMENT
NEW ENTRIES
CATEGORIES

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Google

RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BlogPeople
 
 





blog seo tool : track word
blog SEO tool
Amazon.co.jp アソシエイト
PAGETOP