社会の窓からこんにちわ

長文のエントリーが多いので、休み休み読んでいただくのがいいかと思います。
トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。
<< 成果報告◇ねずみの国からこんにちわ。 | main | 編集スキスキスー◇自家製ニューバージョン。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.04.27 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
ヘルブレイン 血塗られた頭脳◇こんど電話くれ。
衝撃のジャケット写真。
ヘルブレイン 血塗られた頭脳
<1989年/アメリカ/90分>


原題:
SILENT NIGHT, DEADLY NIGHT 3
SILENT NIGHT, DEADLY NIGHT III: BETTER WATCH OUT!


監督: モンテ・ヘルマン Monte Hellman
製作: アーサー・H・ゴーソン Arthur H. Gorson
製作総指揮: リチャード・N・グラッドスタイン Richard N. Gladstein
ロンナ・B・ウォーレス Ronna B. Wallace
脚本: カルロス・ラズロ Carlos Lazlo
スティーヴン・ゲイドス Steven Gaydos
撮影: ジョゼッペ・M・シヴィット
音楽: スティーヴン・ソルズ Steven Soles
 
出演:
サマンサ・スカリー(ローラ)
ビル・モズレイ(リッキー・コールドウェル)
リチャード・C・アダムス(サンタ)
リチャード・ベイマー(ニューバリー医師)
メリッサ・ヘルマン(ニューバリー医師のアシスタント)
イザベル・クーレイ(病院事務員)
エリック・ダ・レー(クリス)
レオナード・マン
ローラ・ヘリング(ジェリー)
カルロス・パロミノ(トラック運転手)
エリザベス・ホフマン(グラニー)
マルク・ディートリッヒ(ガソリンスタンド従業員)
ジム・ラッド(ニュースキャスター)
ロバート・カルプ(コネリー少佐)



ビデオのジャケットには
ジェイソン「13日の金曜日」、フレディ「エルム街の悪夢」に続く
スプラッター・ホラー界にニューキャラクター登場!

と謳われているが、登場時にそういうことを言われて定着したキャラクターのいたためしがないというのは皆さんご存知の通り。

邦題を見る限りでは全く気付かないが、原題を見ると、どうやら『悪魔のサンタクロース/惨殺の斧』のパート3らしい。パート1も2も観ていないから、内容的につながっているのかどうかはわからないが、とりあえずぼくは問題なかった。
が、前作とのつながりに関しては問題ないものの、内容のほうはサプライズの連発。あ、いや、数的には連発というほどじゃないんだけど、1発1発が重いので、ついそういうふうに感じてしまう。


6年間にわたって昏睡状態のリッキーという殺人鬼がいて、彼の意識状態を探ろうと、超科学系の医者・ニューバリーはある実験を試みる。それは、超能力を持つ盲目の少女ローラを催眠にかけ、彼女の夢とリッキーの夢をリンクさせるというものだった。
その夢リンクがきっかけとなって、クリスマスの夜にリッキーは意識を取り戻す。リンク相手であるローラを求め、殺人を繰り返しながら彼女のあとを追うリッキー。
何も知らず里帰りしている彼女のもとに、殺人鬼が徐々に近付いていく……


というのが主なストーリーで、こうして見るとなかなかサスペンスフルな物語にも思える。盲目の女性を追う殺人鬼っていう設定も、その過剰なハンデが非常なスリルを予感させてくれるし。

ところがここに、それら全ての期待を、一瞬のうちに粉々に破壊してしまう要素が存在するとしたらどうだろう。
どうだろうというか、残念ながら実際に存在するわけだが。

その要素とは、
殺人鬼のルックスそのものであった。

言葉を費やすよりも、現物を見ていただくのがいちばんだろう。
ではどうぞ。


培養液が脳にしみるぜ。
バオーン。



どうだろうか。
真っ先に思い出すのはハカイダーであるが、まさに『ヘルブレイン』、地獄脳の名に恥じないルックスではある。
ちなみに彼のフェイバリット凶器はメス。
見た目に反して武器は地味であった。


「俺様に似ているだと!?」
元祖・脳みそむき出し男。



リッキーがどうしてこういう姿になってしまったかというと、彼は6年前にサンタの格好で殺人を犯そうとしたところを刑事に撃たれ、脳を吹っ飛ばされてしまったのである。
普通そんなことをされたらゾンビでも死ぬが、どっこいリッキーは生きていた。
冒頭でリンク実験も行なっていたニューバリー医師は、よせばいいのにその脳を、どうやったのかは謎だがともかく復元。砕けてしまった頭蓋骨の替わりにガラスケースをかぶせておいたため、このようなインパクト絶大なルックスになってしまったというわけだ。
それにしてもネジ留めはないんじゃないかと思うが。


目覚めた彼は病院を抜け出して、祖母の家に里帰りしたローラを直感的に追いかけるのだが、その際の手段はヒッチハイク
ちなみに服装は、患者服というのだろうか、下の写真のような白いうわっぱりだったのだが、こんな服装も中身もひと目でわかるほど異常な人が、親指立ててフラフラ歩いてるんだから、到底うまくいくとは思えない。

「笑わないでくれないか……」
目立つどころの騒ぎではない。


……と思ったら、
「メリークリスマス!」
気にも留めずに停まってあげる車があるんだから、さすがは自由の国アメリカといえる。クリスマスって何でもありなのか、向こうでは。
リッキーも恩に感じたのか、おとなしく助手席に乗って、運転手のおっちゃんの話に耳を傾ける。
ところが運ちゃんが
「クリスマスには毎年コレ着せられて参るんだよ〜」
真赤なセーターを見せると、なぜかリッキーの態度は豹変。
運ちゃんを惨殺し、車だけいただいてローラ追跡を続行するのだった。

じつはリッキーは、赤い色を見ると殺人衝動が湧き上がる体質だったらしく……ってマンガの牛じゃないんだから。
そんなことで殺されてしまう運ちゃんが哀れでならないが、なにせクリスマス、赤い服はそこいらじゅうに溢れているのである。
結局、同じ理由で他にも2名ほど血祭りに上げられてしまったのであった。

いっぽう、ローラのほうも、リンク中の夢で見た脳みそむき出し男が、自分を追ってくる気配に気付き始めていた。


この後はよくある展開なので、一部はしょって紹介すると、ローラの実家に侵入したリッキーは、ローラの祖母と兄とその彼女を殺害。さらに、リッキーを保護しようと追ってきたニューバリー医師までもが倒されてしまう。

なおこのニューバリー医師、人をからかうのが趣味の(としか見えない)老刑事と一緒にリッキーを追跡するんだけど、その刑事との最期のやり取りも、相当狂ったことになっている。

リッキーにやられて虫の息のニューバリー医師を発見し、「いわんこっちゃない」という表情で歩み寄る老刑事。
しっかりしろとでも言うのかと思ったら、涼しい顔で発した言葉がなんと

「こんど電話くれ」

これにはさすがにニューバリー医師も
「バカなことを言うもんじゃない」
と苦しい息の下でツッコミを入れるが、そのまま絶命
ツッコミが最期の言葉になってしまったわけで、浮かばれないこと確実な死に際といえる。


さて、逃げまどううちに次々仲間を殺され、ついに一人きりになってしまったローラに近寄る殺人鬼。
「ろぉ〜らぁ〜……」
その声に振り向き、なぜか自分から近寄る盲目の少女。
顔を確かめるためか、リッキーの顔面をなでると、彼はうっとりとして……って何しに来たんだ君は。
どうやらこの時点までは、リッキーは彼女にホの字だったようだ。

ローラはローラで、顔を撫でていた手が頭部に触れると、その時点でようやく誰かわかったらしく、悲鳴を上げて逃げ去ってしまう。

鈍すぎといえる。

ホレた女に悲鳴をあげて逃げられたことにキレたリッキーによって、結局ふたたび追い詰められたローラ。
そんな彼女のピンチに、なんと殺された祖母の霊が語りかけてきた。

「あなたのもつ力、超能力を使うのよ。
 レンズで光を集めるように、力を集中して……
 そうすれば、あなたは負けないわ」

そんなありがたいアドバイスをもらいながら、結局超能力は使わなかったりするあたりが、この映画のすごいところ。
おばあちゃんも草葉の陰で泣いているかも知れない。

ではどうやって立ち向かったのか。
じつは生きていた兄と協力して、みごとリッキーを返り討ちにしたのであった。
あんまりめでたくもないが、めでたしめでたし。


……かと思いきや、本作最大のサプライズは、この直後に待ち構えていた。




こういう映画ではいつものことだが、全て解決した後に警察が大挙して到着。
保護したローラをパトカーに乗せた刑事は、彼女にこう語りかける。
「今回の事件は、わからないことだらけだよ……」
もっともな意見である。
すると彼女はなぜか微笑を浮かべ、
「メリー・クリスマス」
と意味のわからない返事を。
狼狽する観客を尻目に画面はフェードアウト、このまま終劇かよと思ったのも束の間。


おもむろに、暗闇にタキシード姿のリッキー(もちろん脳みそむき出し)が浮かび上がり、


「そして、よいお年を」


驚くべき締めの一言を発したのだった。

映画はそのまま無責任にもエンドロールに突入、フォローも何もないまま終わってしまうのだが、殺人鬼に「よいお年を」と言われたこっちはどうすればいいのだ。


「正装の殺人鬼が年末のご挨拶」

という前代未聞の終わり方をするこの作品。
たしかに「ニューキャラクター登場!」だったといえるが、やり逃げにも程があるんじゃないか。




【2005.11.14 Monday 02:29】 author : 猫パンチ | 映画 ハ行 | comments(16) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2015.04.27 Monday 02:29】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
でたーーーー!地獄脳ww
想像以上の濃いィキャラクター。そして驚愕のラスト。たまらんですねw
で、気になったのがビル・モズレイって…あの悪魔のいけにえのビル・モーズリー?
まさか同一人物ですか?
【2005/11/15 1:28 AM】 バビゾ |
ぎゃはは。解説が面白すぎたんでもうこの映画は見ません(笑
監督さん&脚本家、もうラスト(というか全編通して)どうでもよくなったんだろね。「めんどくさー」みたいな。

ハカイダーってヒーローなの??
どうみても悪役にしか見えないんだけど。
【2005/11/15 5:09 AM】 めけ。 |
>バビゾさま

うははは、これが地獄脳の正体でした。
濃いというかなんというか、確かに見た目のインパクトはフレディ以上でしたな。頭のガラスをネジで留めているのがちょっと痛そうです(笑)

そしてさすが、ビル・モーズリー正解です!いま調べてみたところ、同一人物でしたよ。
ぼくは全く気付いてませんでした(笑)


>めけ。さま

たぶん観ようと思っても、探し出すのが困難かと(笑)
スタッフも、このキャラを創造した時点でゴールに達したような部分はあったかもしれませんな。

ハカイダーは見た目の通り、「人造人間キカイダー」という番組の悪役です。生茶パンダみたいな顔ですが、けっこう人気の高いキャラなのでした。
【2005/11/15 9:12 AM】 猫パンチ |
>>赤い色を見ると殺人衝動が湧き上がるらしく

やばい。一年中サンタの格好の私は非常にやばいっす(^^;。映画でよかったっす。

私のような老人にとっては「元祖・脳みそむき出し男」は『宇宙水爆戦』の宇宙人や、戦時中の頃のあちらのパルプ誌の火星人とか、その頃エドモンド・ハミルトンが書いた「キャプテン・フューチャー」のサイモン・ライト博士ですな。あ、サイモン・ライト博士は脳みそだけか?(^^;

宇宙水爆戦
http://davidszondy.com/future/Dystopias/tie01.gif
1940年代パルプ誌系
http://bigpicture.typepad.com/writing/mars01.gif
サイモン・ライト博士
http://www.captainfuture.com/deutsch/pulp/cfpulp05.gif


ハカイダーはデザインもさることながら、名前もインパクトがありました。機械ダー、破壊ダー、美人ダーって。間違いなく関西では「そのまんまや」とツッコミを入れられたに違いありません。

ということで、正月仮面より、

「そして、よいお年を」

【2005/11/15 10:15 PM】 サンタパパダー |
>サンタパパダーさま

>>一年中サンタの格好の私は非常にやばいっす
ぎゃははは、確かに!脳みそむき出した人には、くれぐれもご注意ください(笑)

脳みそむき出し系では、うちのブログだと「スペース・モンスター」の宇宙人もそうでした。
http://cat-punch.jugem.jp/?eid=38
みんなガラスケースもナシで、まさにむき出し。そこが弱点とみて間違いないと思います。

サイモン博士は、NHKでやってたアニメのほうの「キャプテン・フューチャー」の印象が強いですね。
ここから全く余談ですが、その「キャプテン・フューチャー」のエンディング「ポプラ通りの家」という曲、機会があれば一度聴いてみてください。ペドロ&カプリシャスの「五番街のマリーへ」とほぼ同じで驚きます(笑)

キカイダーはワルダーというのもいましたね、ビジンダー・志穂美悦子と文通した男。そんな名前をつけられたら、悪事を働く以外ないかと思いますが、じつは曲がったことの嫌いな人(ロボットですが)でした。

こちらこそ、よいお年を。

ってまだ11月なわけですが(笑)
【2005/11/16 1:27 PM】 猫パンダー |
海外のTVドラマ見ててもクリスマスネタつうのは毎回気合い全開で、いい話が多いんですが、時に気合いが暴走モードに入り、「クリスマスつうことで何でも丸く収めようとしてないか?」という疑問を感じることがあります。
なんて、書いてみても、やはり↓エントリ同様、殺人鬼のルックスとそこに着目する洞察力の前には無に等しいなと。
ええ、またしてもコーヒー吹いちまったじゃないすか。ああ、そして観たくなるんです、どうしてもこれが。マヌケが私を呼んでいる。
【2005/11/16 4:03 PM】 acoyo |
>acoyoさま

ぼくは海外ドラマはほとんど見ないんですが、これだけクリスマスものが氾濫すると、作るほうも時々ものすごい変化球を投げてくることもありそうですな。そういうのをご紹介いただけると嬉しいです。
個人的には漫画「アウターゾーン」のクリスマスの回がキテレツで大好きです。スキャンして、クリスマス用エントリーとしてのっけようかと思うほどに。

この殺人鬼のルックスに関しては、洞察力というより、イヤでも目に付くという類のものですな。ぼくも一目ぼれでした(笑)
メーカーがフナイなので、なかなか見つからないかとは思いますが、どうしても観たいときはコピーしますよ。
【2005/11/17 10:34 AM】 猫パンチ |
クリスマスシーズンに思わず見てしまいましたよ。なにが凄いってリッキーの脳みそが頭蓋骨より大きいという・・・。
【2007/01/10 9:30 AM】 みのモンタナ |
>みのモンタナさま

うはは、それは素敵なクリスマスでしたね。
よいお年を迎えられたでしょうか。

脳みそは、覆うものがないと、頭蓋骨よりも膨張してしまうのかもしれませんね……って善意に解釈してみました(笑)
【2007/01/13 11:10 PM】 猫パンチ |
実は「悪魔のいけにえ2」公開以来、リッキー役のビル・モーズリィ氏のファンをやっておりまして、ただ「ヘルブレイン」は未見だったのですが、この度めでたく中古ビデオを80円という泣けてくる価格でゲット、こうなったら毎年クリスマスに観るぞ!とヤケクソ気味の気合を入れつつ、ナイスジャケ写の画像をビルにメール添付したところ「素晴らしいジャケなので、コピーして、サイン入れて自分のサイトで売りたいんだが」との返信が・・・。

とりあえず「んじゃあげるから、好きに使って」と送っちゃいました。気前いいなぁ自分・・・80円だけど。

いずれにせよ海を越えてリッキーの元へ渡ったフナイのビデオジャケット!ほんとに売られ始めたらまた報告しますね。
【2007/03/08 2:38 PM】 みのモンタナ |
>みのモンタナさま

ぶはははは、素晴らしい展開になってますね。
さすがビルの兄貴!そしてみのさんのナイスフットワーク!
フナイもこれで成仏できるというものです。
でも80円のことは秘密にしておいたほうがよさそうな(笑)
ご報告、ぜひお待ちしてます!

しかし毎年クリスマスにこれを観ようってことは、毎年リッキーから
「よいお年を」
と言ってもらえるってことですね。
いっそのこと、毎年末にこれを観るためのビルファンの集いでも開くとかいかがでしょう(笑)
【2007/03/08 5:31 PM】 猫パンチ |
猫パンチさま。

リッキーことビル・モーズリィ氏の初来日が決まりました〜!なんと日本で年越し予定とか!まさに「ヘルブレイン」のあのラストの名セリフが日本で現実のものになろうとしてますな。
【2007/11/13 1:14 AM】 みのモンタナ |
>みのモンタナさま

ぶはははは、ぜひ言っていただきたいです、
生「そして、よいお年を」!
今のうち、ハカイダーのお面とか改造したものを用意しておいたほうがいいかもしれませんね。

しかし初来日ってのは意外でした。
【2007/11/15 12:02 AM】 猫パンチ |
猫パンチさま。

ここ日本で12/27、生リッキーの口から「メリークリスマス!そしてよいお年を」が実現しましたよ〜!

それでは、猫パンチさまもよいお年を!
【2007/12/29 3:10 PM】 みのモンタナ |
◆みのモンタナさま

私生活でなんだかんだあったもので、足かけ2年もコメント放置してしまってすみませんでした。よいお年でしたでしょうか。
この一連の流れを読み返してみて、ビルの兄貴を改めて好きになってしまいましたよ。

【2009/01/10 11:42 PM】 猫パンチ |
猫パンチさま、お帰りなさいませ!

もう1年半も前のことではありますが、こんな感じでした〜。

http://www.youtube.com/watch?v=sOD_w6r_95E
【2009/05/10 12:37 AM】 みのモンタナ |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://cat-punch.jugem.jp/trackback/110
トラックバック

PROFILE
RECENT COMMENT
  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団◇血に飢えた白い猿。
    シザース (06/05)
  • 吸血鬼ゴケミドロ◇人間なんてララーラーララララーラ(唄:高英男)。
    johnnyA (09/20)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    ぼびー (08/02)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    おりおなえ (04/22)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    マイケル村田 (01/23)
  • ムーンウォーカー◇マイケル・ジャクソンがやってくる ポゥ!ポゥ!ポゥ!
    生きろよ (10/26)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    名無し (02/27)
  • 楽な仕事カミングアウト。
    Keiya (02/27)
  • 見てしまった人たちへ。
    ゆにこーん (02/02)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    cff (02/02)
NEW ENTRIES
CATEGORIES

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Google

RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BlogPeople
 
 





blog seo tool : track word
blog SEO tool
Amazon.co.jp アソシエイト
PAGETOP