社会の窓からこんにちわ

長文のエントリーが多いので、休み休み読んでいただくのがいいかと思います。
トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。
<< 猿の惑星。 | main | ブレインデッド◇オーストラリアの漫☆画太郎。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.04.27 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
怪談 新耳袋
怪談新耳袋-開けちゃだめ編-


写真は「開けちゃだめ編」。
なんではなくそほじっているのか。
ぼくが観たのはこれじゃなく、テレビで放送されたものをまとめたオムニバスのビデオだったが、画像はこっちのほうが面白かったので。

念のため説明すると、原作は百物語形式の怪談本「新耳袋」シリーズ(メディアファクトリー刊)。実話のみを集めたという本書は、因縁話などは極力排除して、どちらかというと「ふしぎな・奇妙な出来事」中心に構成されている。実話だけに、説明不能なというか、意味不明な出来事(窓から外を眺めたら夕焼けが緑色だった、とか)も数多く載っていて、それが逆に身近さを生み出している。
「山の牧場」や「牛女」など、本書発の有名都市伝説もあり、怪談好きなら読んで損はないと思う。

その「新耳袋」を映像化したこの「怪談 新耳袋」だが、原作の「理由はわからないが突然奇妙なことが起こる」という部分を安直にとらえた話が多くて、正直がっかりだった。
たとえば「それまで画面に姿を見せなかったおばけが主人公の目の前に迫ってくる。主人公の恐怖の顔のアップ。完」とかそんなのばっかりなのだ。短いからやりっぱなしでいいや、と考えている人が多すぎ。

各話ごとに監督も脚本も違うのだが、ちゃんと観られる作品に仕上げている人はごくわずか。夏休みのやっつけ工作じゃないんだから。
ちなみにぼくが観たビデオの中で面白かったのは、佐野史郎が監督した話(昔組んでいたバンドのデモテープを夜中に聴いていると…という話)と、三輪ひとみの部屋に得体の知れないものがいる話。
前者は短編作品として成立していたし、後者は本当にありそうな話だった(妹の三輪明日美ほか、登場人物が全員実名なせいもある)ので。



【2004.08.15 Sunday 18:01】 author : 猫パンチ | 映画 カ行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2015.04.27 Monday 18:01】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://cat-punch.jugem.jp/trackback/13
トラックバック

PROFILE
RECENT COMMENT
  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団◇血に飢えた白い猿。
    シザース (06/05)
  • 吸血鬼ゴケミドロ◇人間なんてララーラーララララーラ(唄:高英男)。
    johnnyA (09/20)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    ぼびー (08/02)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    おりおなえ (04/22)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    マイケル村田 (01/23)
  • ムーンウォーカー◇マイケル・ジャクソンがやってくる ポゥ!ポゥ!ポゥ!
    生きろよ (10/26)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    名無し (02/27)
  • 楽な仕事カミングアウト。
    Keiya (02/27)
  • 見てしまった人たちへ。
    ゆにこーん (02/02)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    cff (02/02)
NEW ENTRIES
CATEGORIES

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Google

RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BlogPeople
 
 





blog seo tool : track word
blog SEO tool
Amazon.co.jp アソシエイト
PAGETOP