社会の窓からこんにちわ

長文のエントリーが多いので、休み休み読んでいただくのがいいかと思います。
トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。
<< 新春パクりエントリー◇10大ニュースはじめました。 | main | 中国超人インフラマン◇エッチな衣装とずるいヒーロー。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.04.27 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
『ハヌマーン・ポップ・5アイモッデーン』(ハヌマーンと5人ライダー)

ハヌマーンと5人の仮面ライダー
1974年・タイ・100分ぐらい


原題:『ハヌマーン・ポップ・5アイモッデーン』
詳細データ不明

『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』でウルトラ兄弟と競演したおサルの神様ハヌマーンが、こんどは仮面ライダーと競演した怪作。原題の「アイモッデーン」というのは仮面ライダーのことだそうだ。
他にジャンボーグAと競演した作品というのも存在するらしい。
どうしても観たい人はこちらで買える模様(ただしVCD)。

前半は日本制作の劇場版『5人ライダー対キングダーク』を再編集、後半はタイで撮りおろした新作フィルム中心に構成されている。
このタイ制作部分が実はえらいことになっているのだが、とりあえず解説から入ることにしよう。

なお、この映画はもちろん全編タイ語で、字幕など一切ついていない。そのため、ぼくの書いているストーリーはもしかしたら勘違いが混じっているかもしれないが、これからどんなにムチャクチャなストーリーが語られても、フカしや作りではないのでご了承いただきたい。


で、まずハヌマーンだが、これはインドの叙事詩「ラーマヤーナ」に登場する白猿の神様だ。
円谷プロとタイの合作映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』でスクリーンに初登場したわけだが、その登場の仕方もすごかった。

ある村にあった仏像の首を盗んだ3悪人を捕まえようとした少年が、逆に額を拳銃で撃ち抜かれて死亡。命がけで仏像を守ろうとした少年の行いに感心したウルトラの母が、少年をハヌマーンとして生まれ変わらせたのである。

ハヌマーン誕生。
登場シーンは全くウルトラマン。


ハヌマーンはさっそく3悪人を追跡。
「仏様を信じない人は死ぬべきだ」
とすごいことを言いながら巨大化して彼らを追い回し、踏み潰したり握りつぶしたりして退治するのだった。
仏敵に対しては徹底して無慈悲なところがいかにも仏教国の神様だが、子供が観るような映画でこれだけやるというのは、よく知らないがお国柄というのもあるのかもしれない。
ちなみに上で説明したくだりは、本作の回想シーンでまるまる流用されている。


いっぽう敵のキングダークというのは、『仮面ライダーX』に登場した敵のボス。つねに頬杖をついたまま部下に命令を下すその巨大な姿は威圧感たっぷりで、当時の子供たちを震え上がらせたものであった。

キングダーク(頬杖)。
オリジナル版キングダーク(画面奥)。


その正体は外見どおり巨大なロボットで、中にゾンビみたいな顔の博士が乗って操っていたのだが、それはオリジナル設定の話。
本作『ハヌマーンと5人の仮面ライダー』では、キングダークは「ああいう外見の人」というあまりにも無茶な設定に変えられているのだ。
そればかりではない。本作独自の設定を挙げてみよう。
★場面によって伸縮自在。人間大だったり巨大化したりする。
★体色が銀色だったり黒かったりする(タイで作ったぬいぐるみが銀色のため)。
美女の生き血を飲むのが好き。
★落ち着きも威厳もない。
★巨大化したときはガンダムハンマーを操る。
すでにクラクラしている人もいるかと思うが、こうなるともう名前以外はオリジナルと全く違う存在と言っても過言ではない。


『仮面ライダーX』主題歌(タイ語バージョン)にのせて、タイの一般道路を横一列で疾走する迷惑な5人ライダーの姿から幕を開ける本作。

迷惑運転その1。
中央線を軽やかにはみ出すライダーマン(左端)。


ライダーたちはのんきに手など振ったりしているが、後ろの車に煽られたりしていて、本当に迷惑な感じである。

迷惑運転その2。
この後、左端のバイク(一般人)に猛然と追い抜かれる。


なお、この並び順でもわかる通り、主題歌は『仮面ライダーX』だが、タイでのライダーのリーダー格はV3のようだ。


さて、血を飲むのが大好きな怪人キングダークは、部下の怪人たちに女をさらってこさせては生き血を抜いてグビグビやっていたが、仮面ライダーたちにたびたび邪魔をされてしまう。
怒った彼は、ハヌマーン誕生のきっかけとなった3悪人の一人、紫ジャージの男を地獄からよみがえらせ、自分の配下につける。
さらに紫ジャージの男がさらってきた科学者に新怪人コウモリフランケンを作らせ、怪人軍団とともにライダーにぶつけるが、5人ライダーの前に軍団はあっけなく全滅してしまうのだった。

このあたりまでで全体の尺の半分ほどだが、すでに素材である『5人ライダー対キングダーク』のフィルムはほぼ使い切ってしまっている。
というわけで、ここからは新撮フィルムだけの完全タイオリジナル展開になり、物語は次第に怪しくなっていく。


怪人軍団を倒した勢いで、相変わらず美女の生き血を抜きまくっているキングダークの基地に、いきなり乗り込み大暴れする5人ライダー。
ちなみに生き血を抜く作業の際は、被害女性のうめき声が「あぁん、はぁん、うぅん」と鼻にかかってたいへんエッチ。ご期待ください
このキングダーク基地襲撃のシーンでは、紫ジャージの男をひき殺さんと、バイクで延々追いかけまわす無慈悲なV3の勇姿も拝むことができる。

容赦なし。
死ぬ気で逃げる紫ジャージと、殺す気で追うV3。


やたら長い戦闘の末、捕えられていた科学者や女性たちを救出したのもつかの間、敵の爆撃によりライダーたちは全員死亡。せっかく助け出した女性たちも取れ戻されてしまう。

5人ライダーの死体がゴロゴロ転がる中、気の抜けるテーマ曲とともにひょっこり登場したハヌマーン。
彼がやおら踊りエネルギーを注入すると、ライダーたちは元気に復活。再びキングダーク基地に向かうのであった。
5人ライダーを見送ったハヌマーンは、再び気の抜けるテーマに乗って、ひょーいとどこかに飛び去っていった。
一緒に戦え。

再び基地を襲撃する仮面ライダー軍団。
さすがにこんどは簡単に死んだりしないが、キングダーク(人間大)は5人がかりでも手を焼いてしまうほど強かった。

刀は反則では。
蛮刀を手に斬りかかるライダー軍団。


刀を手にしての斬り合いでも決着がつかず、V3はいよいよ奥の手をつかう。

ライダー合体である。

4人の仮面ライダーの姿がエネルギー体と化してつぎつぎV3に重なり、そして現れた新しい戦士の姿は……外見上何の変化もないV3であった。

激しくガックリさせられる合体であるが、それでもかなわないと見たのか、キングダークは巨大化して応戦する。
V3もバイクにまたがり空中飛行、ミサイルを発射し……ってもうここまで原作無視されるといっそ爽快である。
そんな奮戦もむなしく、キングダークにハエのごとく平手で叩き落とされてしまうV3。
やはり人間大のヒーローでは、巨大な敵には分が悪いのか。
どうする仮面ライダー。
と、そこへ巨大化したハヌマーンがまたしても唐突に現れ、キングダークに敢然と挑みかかった。

おいしいところを猿にさらわれてしまいました。

こうなってはもはや出番もないので合体を解き、なすすべもなく巨人たちの戦いを見守るしかできないライダーたち。

ガンダムハンマー対刃物。
ハンマーを手にした白い奴。


かたや刃物、かたやガンダムハンマーを振り回して暴れまわるうち、ついにハヌマーンがキングダークを打ち倒した。倒れたキングダークに馬乗りになり、刃物でノド笛にトドメの一撃を加えるハヌマーン。
どすっ!
「ぐえぇぇぇぇぇぇ!!」
キングダークは血の海で絶命……ってものすごく後味悪いんですが。
ハヌマーンはこの後、さらに紫ジャージの男もきっちり殺して地獄に送り返していた。
めでたしめでたし……めでたいのか


タイ制作部分はこのようにドラマもすごいが、造形も劣らずすごい。
オリジナルなんかロクに観ないで造っているんじゃないかという気がするほど、ダイナミックかつアバウトな仕上がりなのだ。
例えばこれ。

背後にどろぼう。


言われないとわからないと思うが、この銀色の中年はキングダークである。
上のほうの写真とちょっと見比べてみていただきたい。
この等身大のぬいぐるみが何の説明もなく出てきて威張っているもんだから、最初観たときはタイのオリジナル怪人なのかと思ったぐらいだ。
物語が後半に入ったころ、ようやくこれがキングダークだと気付いて唖然とさせられた。

それもそれだが、背後にいる戦闘員にも注目していただきたい。

顔がどろぼう。

コンビニ強盗じゃないんだから、目出し帽はないだろうと強く思った次第である。
この写真ではわかりにくいが、体の模様も変な虫みたいなのが描いてあって、かなりいい加減。


しかし怪人や戦闘員ぐらいだったらまだかわいげがあるが、ヒーローさえもえらいことになっているのである。
ちょっとこの写真を見ていただきたい。

オリジナル。


これは仮面ライダー4号・ライダーマンである。
仮面ライダーでは唯一仮面から口を露出している男で、仮面がずれた拍子に中の人の目玉が見えただのなんだの、とかく馬鹿にされがちな不遇のライダーだ。
しかし目が見えていたぐらいならまだよかったのだ。
この映画では、なんと着付けを間違えられてしまっている


どろぼう。
ドジャーン。


仮面がまるで頭巾のような扱いを受けているわけだが。
世界広しといえども鼻だけ出してるヒーローというのもちょっといないと思う。

ものすごく落ち着きの悪い感じにされてしまったライダーマンに合掌しつつ、新年1発めの映画レビューを終わります。
ご静聴ありがとうございました。
【2005.01.08 Saturday 22:31】 author : 猫パンチ | 映画 ハ行 | comments(20) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
【2015.04.27 Monday 22:31】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
oh!のぉぉぉ
私の書いたコメントが反映されてない!
ジュゲムのやろう・・・
っつーかどっからこんな映画さがしてくんの(笑
なんかハヌマーン画像、携帯の待ちうけにしたくなりました。
全然関係ないけど
http://4dp.jugem.jp/?eid=56
こちらのサイトさん読んで笑った。
さすがプッシュサイト!
【2005/01/10 5:08 PM】 めけ。 |
>めけ。様

ゆうべは激しく重かったようですよ、JUGEMのやろう(笑)

プッシュサイトって何のことかと思ったら…笑いました。
あんなことになっていたのか(笑)
これは目立ちますな。

この映画は雑誌で知ったんですが、実際に観てさらにビックリでした。
ハヌマーン画像は円谷プロ入魂のシーンだけに、かっちょいいですな。待ち受けにすると、知らない人は謎の生き物にビビるかもしれません(笑)
【2005/01/10 6:02 PM】 猫パンチ |
そうです〜。昨日は激しく重かったですよ。
新春初笑いありがとーのコメントしようと思ったのに
断念しました。

うぅ〜「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」たまらなく欲しくなりましたよ(笑

プッシュサイトのもう一個は間違いなくアタシですね(笑
ということで、ついコメントまでしてきちゃいました。
しかも、猫さんところ推薦すると商品まで当たる。
福ブログですな〜(笑
【2005/01/10 9:07 PM】 バビゾ |
>バビゾ様

今夜もちょっと重ためですな。
この映画、CD-Rでよければ送りますよー。画質よくないですが。

アワード、ぼくも2コ並んでいたとは気付いてませんでしたな。
(以下JUGEMでのやりとり)
「あ、このサイト2票入ってるよ」
「じゃ、そこにまとめて本あげちゃおうか」

そんな流れを感じさせる並びでしたが(笑)
【2005/01/10 11:37 PM】 猫パンチ |
ある理由で一部ハンドルネームを変えてしまった
某サッカー部管理人【。】です
それはボムガールさんところのブログで
さて
新年早々来ましたねぇー爆笑ネタ
久しぶりに読んで笑いましたよ!!!
どういう理由でこの映画にたどり着けるのか不思議なくらいです
良く探してきますね…
どうも楽しい時間ありがとう
あ、早々次回のネタにしようと思ったんだけど
次の仮面ライダー【ヒビキ】って奴だそうです
だからなんだと言われればそれまでですが…
ではまた
【2005/01/10 11:52 PM】 某サッカー部管理人。 |
>某サッカー部管理人。様

うははは、占いましたか〜。
ぼくは「猫パンチ麻呂」にするのはちょっと踏ん切りがつかないのでこのままです(笑)

ヒビキは響鬼と書くようで。
雑誌「TV Bros.」で写真も見ましたが、おでこに鬼の顔がついてましたな。もう仮面ライダーでなくてもいいような気もしますが。
平成ライダーは「アギト」までしか受け入れられなかったぼくとしては、4人も5人もライダーが出てこなかったらもうそれでいいです(笑)
【2005/01/11 12:54 AM】 猫パンチ |
え"っ!マジですか。
画質悪くてもいいので是非お願いしたいです。
これはスルーしません(笑
またお礼は何か考えておきますので。
【2005/01/11 7:57 PM】 バビゾ |
>バビゾ様

了解です!
ちょっと遅くなるかもですが、近々送りますねー。
血を抜かれる女性のエッチな喘ぎをお楽しみに(笑)
【2005/01/11 10:25 PM】 猫パンチ |
わーい!楽しみに待ってます。
またしてもエッチですか。
それは更に楽しみです(笑
【2005/01/16 1:29 AM】 バビゾ |
>バビゾ様

来週中には送れると思いますよー。
ちなみにDVDに焼いてみたらまた失敗…

血抜きシーンはかなりエッチでしたな。
あと地獄のシーンで、全裸の女性が鬼にヤリで突きまわされたりもしてました。
【2005/01/16 11:01 AM】 猫パンチ |
今日届きました。
ありがとうございますm(_ _)m

早速、最初の部分だけ見ましたが
オープニングからもう笑いが…
歌もなにげにすごいですね!
血抜きシーンも見ましたが、何が始まったのかと
ちょっとビックリしました(笑
うぅ〜早く続きが見たいです。
【2005/01/20 1:52 AM】 バビゾ |
>バビゾ様

オープニングの歌、最後の「♪エックス〜」のところでなぜか裏声になってましたな。ワンコーラスしかない歌を強引に2番までつなげてたりとか。
血抜きシーンは、そうと説明されなければちょっとお子様には見せられない感じですね。タイ女性は血を抜かれるとあんな声を出すのか(笑)
中盤ちょっとダレるかもしれませんが、後半は(いろんな意味で)目が離せませんよー。
【2005/01/20 8:32 AM】 猫パンチ |
うははは〜!見ましたよ(笑
TBさせてもらいました。
ほとんど猫さんのレビューで事足りそうなので
あまり詳しくは書かなかったけど(いつものことか…)
やっぱりタイ製作部分はすごいですね。いい加減で(笑
ライダーのへなちょこ振りがおかしかったです。
【2005/02/08 1:11 PM】 バビゾ |
>バビゾ様

TBありがとうございました!
こちらもTBさせていただきました〜。

格闘シーンとかでは腰が入ってなかったりしてましたな、ライダーたち。
後半ではタイ語吹き替えもサボってましたが。
大らかという言葉では片付けられない何かを感じます(笑)
【2005/02/08 3:13 PM】 猫パンチ |
ライダーマン汚すなよ
【2007/06/05 1:04 AM】 ぽpoas |
>ぽpoasさま

いや、ここで言われても。
苦情はタイのほうへお願いします。
【2007/06/05 8:38 PM】 猫パンチ |
仮面ライダーの乗っておるバイクはタイホンダですよね?
車種はなんなのでしょうか?
【2009/02/26 4:46 AM】 ktl |
◆ktlさま

いや、車にはまったく詳しくないもので、あれがタイホンダなのかどうかさえわからないありさまなのであります。ぼくにかろうじてわかるのは、あれがバイクだってことぐらいですな。
お役に立てず、申し訳ありませんです。
【2009/02/26 9:50 PM】 猫パンチ |
ヒドイ。ライダーマン
【2010/02/02 2:31 PM】 cff |
意外にマトモな作りだった台湾版「仮面ライダー」とアメリカ版「仮面ライダー」。タイ版の仮面ライダーはもはや黒歴史っぷりな印象が目立つ映画でしたが、台湾版とアメリカ版は結構、完成度が高かったみたいです。台湾版は1975年、1976年に東映は台湾の東星電影と組んで「閃電騎士大戦地獄軍団」、「閃電騎士V3」、「閃電五騎士」の計3作品。閃電騎士大戦地獄軍団は仮面ライダー1・2号編の台湾リメイク版、閃電騎士V3は仮面ライダーV3の台湾リメイク版、閃電五騎士は仮面ライダーXの台湾リメイク版です。台湾でリメイクされたとは言えでも、日本人スタッフが関わっており(八木功、塚田修)、完成度も高いです。特に「閃電騎士V3」と「閃電五騎士」は必見で、しかもライダーマンが女性で、姿はライダーマンそのものですが、名前はライダーウーマンです…。後、閃電五騎士で登場するキングダークはラストで巨大な大魔神に変身して5人ライダーに戦いを挑むシーンでのキングダークの姿は「グレートマジンガー」の暗黒大将軍の姿だが、これはアトラクションショー等で使われていた暗黒大将軍のスーツを改修したものである。アメリカ版は「パワーレンジャーシリーズ」のサバンと東映の日米合作でもある「Masked Rider」。「仮面ライダーBLACK RX」のリメイク版である、映像は「仮面ライダーBLACK RX」を使用しているが、時折に「仮面ライダーZO」、「仮面ライダーJ」の映像も使用されており、時々仮面ライダーZOの姿や仮面ライダーJの姿も写っている。ストーリーや登場人物は完全オリジナルで、歴代の10人の仮面ライダーはマスクド・ライダーウォーリアーズとして登場する(仮面ライダー2号、ライダーマンも登場するも名前はない模様だ)。タイ版仮面ライダーは殆ど完成度は低いが、それに反して台湾版とアメリカ版は意外にも高いとは…、これは日本スタッフも関わっている事かな…?


【2014/01/23 9:04 PM】 マイケル村田 |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://cat-punch.jugem.jp/trackback/66
トラックバック
GOD、出張パソコンセタップサービス開始
資料写真: 出張セタップ人員を描くDVD: 仮面ライダーXVol.1 →この商品をAmazonでチェック 国際的ベンチャーのGODは、個人向けの出張パソコンセタップサービスを開始する。沖縄水産大学の神敬介氏の協力によって事業実現にこぎつけた。 同社第一室長のアポロ
【2005/10/07 10:22 AM】 bogusnews |
師匠・・・でありんす
これが、あちきの師匠ソンポーッ・セーンドゥンチャイ氏 でありんす。 ええ、あのウルトラマンの海外版権を 持っているタイの社長でありんす! 横に居るのがタイのダークウルトラマン ・・・で例によって経緯は下記を読んでくだされ。 (チャイヨー映画社のページ) (日
【2005/09/09 7:32 PM】 戦慄!ありんす帝國 |
ハヌマーンと五人の仮面ライダー
???ä?Τä? Τ??Τ??? ??ä????Ф?ФΤ Τ? ?? Τ5??γХ? ??5???????? XΥХ???ä?? ?ä????? ???????? ??ä???? ?å???X?С ?ääá?ä? ?? Ĥή????Υ? V3?Τ???? ?Ф??ΥΥ?α ?ä?ä?Ĥ?Τή? ?????Х?(1974)?ΤΡ ??
【2005/09/01 11:15 AM】 やはりそういうことか |
ハヌマーンと5人の仮面ライダー
1974年 タイ詳細不明社会の窓からこんにちわの猫パンチさんのおかげで遂に見ることができました。猫パンチさんのサイトのレビューで予備知識を得て見たので大爆笑です。もうアタシがつっこむところなしです(笑 完璧...
【2005/02/08 12:57 PM】 爆裂BLOG |

PROFILE
RECENT COMMENT
NEW ENTRIES
CATEGORIES

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Google

RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BlogPeople
 
 





blog seo tool : track word
blog SEO tool
Amazon.co.jp アソシエイト
PAGETOP