社会の窓からこんにちわ

長文のエントリーが多いので、休み休み読んでいただくのがいいかと思います。
トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。
<< ジーパーズ・クリーパーズ◇へんなおじさんの奇妙な冒険。 | main | 近況報告。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.04.27 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
片腕カンフー対空とぶギロチン◇ギロチン対ワナ。
片腕カンフー対空飛ぶギロチン
片腕カンフー対空とぶギロチン
1975年/香港/85分


原題:One Armed Boxer vs the Flying Guillotine
配給:松竹

スタッフ
監督: Jimmy Wang 王羽
製作: Wong Cheuk Hon ウォン・チュー・ホン
脚本: Jimmy Wang 王羽
字幕監修: 進藤光太 シンドウコウタ

キャスト(役名)
Jimmy Wang 王羽 (兪天竜:Yu Yie Un)
Kam Kong カム・カン (封神:Funchen Yutie)
Wu Shao Tie ウー・シャオ・ティー (武小蝶:Shaotie)

ストーリー(キネ旬DBより)
※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
奥山中に住む封神無忌(カム・カン)は、盲目だが、空飛ぶギロチンという恐ろしい刃物の武器の達人である。清朝のチェン皇帝時代、護衛兵として仕えていた封神は、ある日門弟が片腕の拳士・兪天竜(ジミー・ウォング)に殺された復讐のため山を下りた。兪は愛国の志士であったが、革命のため門弟を殺してしまったのだ。ある日、カンフー・チャンピオン・タイトルを賭けたトーナメントが開催される。封神は出場し、片腕拳士を片っぱしから殺し、兪の道場も襲う。重傷を負い逃げた兪は武小蝶とめぐり逢い、ギロチンに対抗する技を工夫する。そしてついに二人の対決の時がやって来た。兪は竹を使って斧を飛ばすワナをしかけ、激戦の末封神を倒すのだった。


……と、このようにキネ旬DBには書いてあるけれど、けっこう間違っているので鵜呑みにしないように。引用しておいてアレだが。

今回も「爆裂BLOG」のバビゾ姐さんご提供のDVDにて鑑賞。
『片腕ドラゴン』(未見)という映画の続編で、1作目にて自分の右腕を叩き落した男を殺して復讐を果たした片腕ドラゴンが、こんどは殺した男の師匠に狙われるハメになる。

この盲目の老師匠・封神の武器が、タイトルにもなっている空とぶギロチンだ。
底の抜けた鳥かごみたいな形になっていて、口の部分に刃が埋め込んである。それを放り投げて敵の頭にスポッとかぶせ、グイっと引き寄せると、首がスパーンと取れるという仕組みだ。

すっぽり。
この直後「スパーン」


また、折りたたむと超電磁ヨーヨーみたいな使い方も可能。

ゴーゴー夕張。
超電磁ヨーヨー。


『キル・ビル』観た人には「ゴーゴー夕張が振り回していた武器の元ネタ」と言ったほうが通りがいいかもしれない。


そんな物騒きわまる武器を操る封神だが、拳法の達人である彼は、素手でも充分強い。
それを端的に物語るのが、冒頭、山ごもり中の彼の元に飛んできた伝書鳩を捕えるシーンだ。
庵の屋根の上に止まった鳩に向かい、気合を込めて「ガチョーン」を繰り出す封神。
すると鳩は、吸い込まれるように彼の手の中に収まってしまうのだ。

かつて谷啓はあるTV番組で「ガチョーン」の極意について
「手は『ガ』で押し出し、
 続く『チョーン』で森羅万象を掴み取るようにグイと引く」
というような意味のことを語ったことがあったが、まさにその極意を修めた達人・封神。弱いはずがない。

その彼が、弟子の死を知り、復讐に動き出したのだ。
狙うは片腕ドラゴン・ジミーさん。
封神は庵に火を放ち、僧に化けてジミーさん退治に旅立つのだった。
そのころジミーさんはといえば、弟子たちの目の前で、壁や天井をすたすた歩いたりしていた。忍法か。


さて町にやってきた封神。
宿屋で「俺が片腕ドラゴンだぞ」と威張る酔っ払いを発見、さっそく空とぶギロチンでスパーンと首をはねてしまった。
ところが殺したあとで本人ではないとわかり、
「失敗した!」
失敗どころの騒ぎではないが、一流の武芸者は立ち直りが早い。

「まあいい、片腕のやつは皆殺しだ

ポジティブなのかヤケクソなのかわからない理屈でその場を収めるのであった。


さてそのころ、その町では武術会が行われていた。
じつはこの大会には、ジミーさんの参加を見込んで、封神配下の3人の外国人が選手として送り込まれていたのだ。
が、肝心のジミーさんは、参加を要請されても
「名声には興味がない」
と観戦を決め込む始末。
主役不参加のまま武術会は開始された。

それじゃ面白くないんじゃないの、と思ったら大間違い。
弁髪で敵を絞め殺す男はいるわ、刀が埋まった足場の上で闘う男はいるわと、「魁!男塾」なみの荒唐無稽な試合運びで観客を飽きさせないのである。
外国人軍団も負けてはいない。
そこらじゅうにツバを吐くムエタイ戦士、ノミのようなジャンプ力を誇る侍、腕が伸びるインドのヨガ戦士と、こちらもデタラメのオンパレード。

その中の1人、無刀流を名乗るジャンプ侍・躍馬二郎はなかなか卑怯な試合を見せてくれる。
トンファーのような十手のような武器で戦うのだが、じつはその武器には刀が仕込んであり、それで相手の心臓をぐっさり刺して倒すのだ。
この試合を見ていたジミーさん、ここで不穏な一言を漏らす。

「なにが無刀流だ……やるな、参考にしよう

何の参考ですかジミーさん。

このあとジミーさんは、主催者から「出場してくれませんか」と書いた手紙が回ってきたのに気分を害して帰宅。
その後の試合で蛇拳を操る片腕男が出場したときに悲劇は起きた。
案の定、封神が出現したのだ。
またもや片腕だというだけで、よく確かめもせずに蛇拳の男の首をはねる封神。
人違いおよび乱入を主催者にとがめられた彼は、主催者を殺し、武術会をメチャクチャにした挙句、会場に火を放って逃走するのだった。
去り際に火を放つのが好きな人といえる。


武術会での騒ぎで、自分に復讐しようとする封神の目的を察知したジミーさんは、彼と外国人軍団を迎え撃つべく作戦という名のワナを練る。

まずやってきたのは、伸縮自在の腕を持つヨガ戦士。
ヨガって武術じゃなかったと思うが。

ヨガの神秘。
「俺様の技を受けてみるヨガ!」


元祖ダルシムだけあってジミーさんも苦戦するが、なんとか実力でこれを粉砕。
残る3人には、ジミーさんの恐るべきワナ地獄が待ち構えているのであった。


最初の犠牲者となったのはムエタイ戦士。
ジミーさんの待ち構える6畳ほどの広さの小屋に誘い込まれてしまった彼。
小屋は床が鉄板になっていて、床下でジミーさんの手下がメラメラ火を燃やすものだから、裸足の彼にはたまらない。窓から逃げようとすれば、外からいっせいに槍が突きだされる

地獄の密室。
掛け値なしの絶望的状況。


逃げ場を失った彼に、しっかり靴を履いて涼しい顔のジミーさんは遠慮なく襲いかかり、ついには鉄板焼きにして殺してしまうのだった。

続いて毒牙にかかったのは、ジャンプ侍・躍馬二郎だ。
彼はジミーさんの右胸に仕込んだ隠し短刀でぐっさり刺されて死亡。
武術会での不穏な一言どおり、見事「参考」を活用してみせたジミーさんであった。


残るは封神ただ一人だが、ジミーさんもさすがにあなどれないと思ったのか、彼に対しては3段構えのワナを用意している。

ワナ1:竹の柱を何本も立てて戦う。

空とぶギロチンを竹の柱で受け止め、刃こぼれをさせようという作戦だ。これは見事に成功し、ギロチンの首刈り機能は封印されてしまった。

ワナ1。
「うぬーっ!」



ワナ2:聴覚を奪う。

無数の鳥を放した小屋に誘い込み、羽音とさえずりで封神の聴覚をかく乱しようとした。
封神は鳥の群れにうろたえはしたが、ジミーさんの居場所は的確にキャッチ。作戦は失敗に終わった。

ワナ2。
「むはーっ!」



ワナ3:飛び道具。

ワナ2が通じないと知ると、ジミーさんはさらに棺桶屋に移動。
壁一面に立てかけた板に小石をぶつけ、その音で封神を翻弄した。
さらに、ところどころに手斧を飛ばす装置を仕掛けておき、それを封神めがけて何発も発射。

ワナ3。
「ぐわーっ!」

続・ワナ3。
「ぐふーっ!」


手斧をドバドバ打ち込まれながらも気力で戦う封神だったが、ついに限界に達したところをジミーさんの必殺拳で吹き飛ばされ、棺桶に叩き込まれて絶命するのだった。

気力の限界。
「痛いんじゃぁ!」最後の力を振り絞り逆ギレする封神。



それが主人公のやることかと言いたくなるほどのやりすぎの数々、こうして書き出してみるとかなりの非道ぶりであるが、それをあまりどぎつく感じさせないのは、やはりジミーさんの人徳だろう。
小柄なせいもあるが、拳法の達人だというのに、あまり強そうに見えない、どこか気の弱そうな、育ちのよさそうな感じ。

参考にしよう。


アングルによってはちょっと皇太子にも似てたりするが、そのへんのイメージが、残虐行為を実際よりソフトに見せる効果があるように思われる。
同じことをヤン・スエがやったら、と考えるとわかりやすいかもしれない。


余談だが、DVDの映像特典に載っていたキャスト紹介のコメント、約2名ほど印象深いものがあったので一部引用したい。

カム・カン(封神役)
90年代序盤にはアメリカで洗濯屋を経営していたが、現在の消息は不明である。

ワン・ウィンサン(ヨガ戦士役)
現在は残念ながら仕事に恵まれず、タクシー運転手で生計を立てているとのこと。


ちょっぴり切なくなりました。
【2005.02.22 Tuesday 03:36】 author : 猫パンチ | 映画 カ行 | comments(6) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
【2015.04.27 Monday 03:36】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
猫さん、こんにちは〜(おはようございますかな^^;)。

ハマヌーンの時と同じぐらい笑いました。

> 「現在の消息は不明である」

切ないですよねぇ(不謹慎にも少し噴いてしましましたが)。
【2005/02/22 4:22 AM】 ちゃす彦 |
>ちゃす彦様

おはようございますー。
さっそくのコメント&TB、ありがとうございます!
やはりカルトムービーの仲間入りをするような映画は、破壊力が違いました。

現在の消息も切ないですが、その前の「アメリカで洗濯屋を経営」というのも、そこに至るまでのことを考えると切なさ倍増ですね。
幸せな老後であってほしいと願いますが。
【2005/02/22 9:32 AM】 猫パンチ |
きましたーーーー!
じみーさんの極悪ぶり再確認。
メクラに飛び道具は酷いですよね(笑
アングルによっては皇太子にも笑いましたが
アタシは石田純一に似ていると思います。
やっぱ猫さんキャプチャ上手すぎ〜(笑
【2005/02/22 11:09 PM】 バビゾ |
>バビゾ様

まさに極悪、オノを飛ばすのはもはや拳法の勝負じゃないですからね(笑)
でも「仕方ないか」と思えてしまうのも事実ですな。
やはり人徳。

あぁ、石田純一も似てますねー。
髪形のせいでしょうかね?
特典映像で観ましたが、現在もあの髪型なのには驚きました(笑)

あとキャプチャ、今回は2時間かかりました…かけすぎですな。
【2005/02/23 12:47 AM】 猫パンチ |
ぐへっ!2時間ですか…それはお疲れ様でした。
だからナイスショットなのも納得です。
もしえっちゃんセットの時間が余ったら
片腕ドラゴンもダビっときますわ。入るかな?
もうしばらくお待ちを。

んで、昨日何度もここのコメント欄に入ろうとして
何度も違うブログに飛ばされてたんですけど(笑
またJUGEMやらかしですか。
JUGEPIもここんと死んだまま…
何をやってもいい加減ですなぁ。この会社。
アタシもサーバー移転真剣に考えようかと思います。
【2005/02/23 7:01 PM】 バビゾ |
>バビゾ様

おぉ、片腕ドラゴンも!ありがとうございます〜!
じゃあぼくは最近入手した「幻の湖」でもつけましょうか(笑)

jugem恒例の異常、数日前は別のブログのコメント欄から何人かここに飛ばされてきてましたから、どうやら順繰りで発生してる現象らしいですな。

jugepiは死んでからもう半月以上になりますか。ブクログも放置されちゃってますしねー。
次々新しいおもちゃをほしがって、ちょっと遊んだらすぐ飽きる子供と同レベルの人が社長では、いたしかたないですかね。jugemはよくもったほうなのかもしれません。
光通信の昔から、IT系の社長ってロクなのがいないですな。

あと数ヶ月は貧乏が続く予感なので、脱出できたらぼくもとっとと引っ越しますよー。
【2005/02/23 8:26 PM】 猫パンチ |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://cat-punch.jugem.jp/trackback/74
トラックバック
片腕カンフー対空飛ぶギロチン
前回の予告どおり、TUTAYAに行って来た訳ですがサイクロンZもヤングマスターもありゃしません。それどころか酔拳2さえ無いです。天下のTUTAYA様も落ちたものだと、とぼとぼと家に帰りました… しかし、家に着くと右手には何故かTUTAYAのビニール袋。 中にはDVDケー
【2006/04/03 11:56 PM】 ニュース好きですか? |
片腕カンフー対空飛ぶギロチン:黙れ そのコッペパン一つが無い家庭だってあるんだよ
あの『キル・ビル』のゴーゴー夕張の元ネタとなった事でも意外に有名だったりするこの映画だけどいや面白い。何が面白いってバカ。バカ過ぎる。ストーリー、登場人物、その全てが常軌を逸しまくり。全部紹介していったらそれだけで一冊本が出来そうな位ありとあらゆるシ
【2005/05/16 7:45 AM】 小学生の頃が人生のピークだったRe・ACT |
片腕カンフー対空とぶギロチン(1976/台湾)
いろんなサイトで既に語り尽くされている、皆さん御存知の 『片腕カンフー対空とぶギロチン』 今更ですが、個人的な観点から考察してみたいと思います。 まずは、オープニング。
【2005/04/01 3:17 PM】 気まぐれ映画の旅 |
片腕カンフー対空飛ぶギロチン
片腕カンフー対空飛ぶギロチン1975年 香港監督、脚本:ジミー・ウォング製作:ウォン・チュー・ホン 出演:ジミー・ウォング/カム・カン/ウー・シャオ・ティー/ロウ・カ・ウィンストーリー:清朝の中国。片腕カンフー...
【2005/02/22 11:11 PM】 爆裂BLOG |
寒い寒い寒い・・
あまりの寒さに布団に潜り込んで更新中。こうゆう時にノートパソコンって便利ですね(暖房は電気代が噴火したので無理なんです)。 【Pickup】 ◇片腕カンフー対空とぶギロチン◇ギロチン対ワナ。(社会の窓からこんにちわ) … わはは、超爆笑。「超電磁ヨーヨー。
【2005/02/22 4:18 AM】 4dp |

PROFILE
RECENT COMMENT
  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団◇血に飢えた白い猿。
    シザース (06/05)
  • 吸血鬼ゴケミドロ◇人間なんてララーラーララララーラ(唄:高英男)。
    johnnyA (09/20)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    ぼびー (08/02)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    おりおなえ (04/22)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    マイケル村田 (01/23)
  • ムーンウォーカー◇マイケル・ジャクソンがやってくる ポゥ!ポゥ!ポゥ!
    生きろよ (10/26)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    名無し (02/27)
  • 楽な仕事カミングアウト。
    Keiya (02/27)
  • 見てしまった人たちへ。
    ゆにこーん (02/02)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    cff (02/02)
NEW ENTRIES
CATEGORIES

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Google

RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BlogPeople
 
 





blog seo tool : track word
blog SEO tool
Amazon.co.jp アソシエイト
PAGETOP