社会の窓からこんにちわ

長文のエントリーが多いので、休み休み読んでいただくのがいいかと思います。
トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。
<< ショーン・オブ・ザ・デッド◇隠し味は口に苦し。 | main | 予言◇ゴールドエクスペリエンス・レクイエム。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.04.27 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
感染◇一見さん限定。
感染 プレミアム・エディション
感染
2004年/日本/98分


監督・脚本:落合正幸
音楽:配島邦明

出演
秋葉清一:佐藤浩市
魚住晴哉:高嶋政伸
安積まどか:星野真里
立花七恵:木村多江
中園雪乃:羽田美智子
塩崎君江:南果歩
赤井潔:佐野四郎

解説: O-157や鳥インフルエンザと、近年世界を騒がす“ウィルスによる恐怖”をテーマに、病院内にまん延する未知のウィルスと、逃げ場を失う人間たちの葛藤を描く。『パラサイト・イヴ』や『催眠』の落合正幸が監督を務め、日本映画界を引っ張る演技派・佐藤浩市を主演に、高嶋政伸、星野真理、草村礼子、佐野史郎ら豪華な実力派たちが競演。外部から入り込んだ謎のウィルスはいつの間にか体を蝕んでいき、観る者すべてを恐怖で包み込む。

ストーリー: 薬の供給も追いつかない劣悪な環境の古びた病院に、奇怪な症状を患う急患が担ぎこまれる。見たこともない状態にたじろぐ医師たちを尻目に、赤井医師(佐野史郎)は“この患者の研究治療は病院の経営危機を救うチャンス”と力説するが……。
(FLiX)


劇場公開時から気にはなっていた、恐怖映画2本立て『感染』『予言』をようやく鑑賞。


舞台は、デタラメな経営がたたって傾きかかったとある病院。
注射器など医療器具の在庫は底を尽きはじめ、医師たちへの給与支払いも滞り、院長は失踪、看護士たちも状況を察して辞めるものが出はじめるといった始末で、さながら座礁して沈没を待つだけの船といった感じだ。
そんな中に残った医師や看護士たちは、激務の連続で精神をすり減らし、イライラしたりミスを重ねたりの悪循環。
ついにケアレスミスで患者のひとりを死なせてしまうに至る。

治療にあたっていた医師の佐藤浩市・高嶋政伸やナースたちは、この一件を闇に葬ることを決意。
なんでも遺体の腐敗が進めばミスの証拠もなくなるとのことで、腐敗を早めるため、暖房を派手に効かせてサウナ状態にした病室で、遺体をあっためはじめてしまう。

そんなところに奇病の急患が運び込まれてしまったものだから、事態はますます悪化していくのであった。
その奇病とは、緑色の血を流しながら体が溶解していくというダイナミックなもの。
やがて看護士たちや高嶋政伸もその病気に感染、次々と倒れたり他の人間を襲ったりしていくのだが……。


で、この映画がガッカリなのは、ってもう早々とガッカリの判定を下してしまっているわけだが、さんざん「ウイルスの正体は?」と煽っておきながら、結局種明かしをしないのである。

謎のウイルスの正体は、最後まで見てもなんだかよくわからない

妄想に取りつかれた男の見た幻覚とも取れるし、作中で言及された「精神に感染するウイルスである」というふうにも取れるし、おばけの仕業とも取れるし、佐野史郎の仕業とも取れる。
あやしい雰囲気の醸成、という意味だけなら、大いに佐野史郎の仕業なのだが。
その佐野史郎も結局正体不明で、不明尽くしの結末に、観終わってぽかーんとしてしまった人も多いんじゃないだろうか。

どうとでも取れるのは、そのように作られているからだ。
いろんな可能性だけ提示しておいて「真相は観客それぞれの頭の中に」というやつ。
これを観客に委ねるといえば聞こえはいいが、風呂敷を広げっぱなしで逃げを打っているともいえる。
決まった真相や解釈なんかはじめから用意されてなかったわけで、真剣に観ていれば観ているほど「なんじゃそりゃあ」となってしまうことになる。


なんだか文脈が悪口めいてきたが、2度鑑賞されることはハナから考えていない潔い映画だ、と言うこともできる。
1回しか観ないんだったら、雰囲気とか物語運びは最近の恐怖映画の中でも上手いほうだし、ちょっと勇気を出して怖い映画でも観てみようかなぁという人にはおすすめだ。


なお、緑のスライムがどろどろぐちゅぐちゅしているせいで気持ち悪いイメージがあるが、よく観ると、内臓だの死体の顔だのといった、本当に気持ちの悪いものはあえて一切映していないことに気付く。
特殊効果にまわる予算を出演料に食いつぶされただけかもしれないが。

奇病患者にしても、佐藤浩市らが
「全身ドロドロに溶けている!」
「溶けた顔で笑った!」
とセリフでは説明するものの、患者そのものはほとんど画面に映らないので、具体的にどうなっているのかは不明。
溶けた顔で笑う奇病患者、観たかったなぁ。


そういう意味でもやはり本作は、ホラーファンじゃない人向けのホラー映画なのかもしれない。




【2005.04.07 Thursday 21:59】 author : 猫パンチ | 映画 カ行 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2015.04.27 Monday 21:59】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://cat-punch.jugem.jp/trackback/82
トラックバック
『感染』 (2004/日)
『感染』   プロデューサー:一瀬隆重 監督:落合正幸 佐藤浩市/高嶋政伸/星野真里/木村多江/南果歩/佐野史郎     経営に苦しみ院長の行方も知らない病院。現在入院中の患者に手一杯のそんな病院に、内臓が溶け出す謎の病状の急患が来る… &nb
【2005/05/26 2:13 AM】 アントニオの木 |

PROFILE
RECENT COMMENT
  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団◇血に飢えた白い猿。
    シザース (06/05)
  • 吸血鬼ゴケミドロ◇人間なんてララーラーララララーラ(唄:高英男)。
    johnnyA (09/20)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    ぼびー (08/02)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    おりおなえ (04/22)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    マイケル村田 (01/23)
  • ムーンウォーカー◇マイケル・ジャクソンがやってくる ポゥ!ポゥ!ポゥ!
    生きろよ (10/26)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    名無し (02/27)
  • 楽な仕事カミングアウト。
    Keiya (02/27)
  • 見てしまった人たちへ。
    ゆにこーん (02/02)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    cff (02/02)
NEW ENTRIES
CATEGORIES

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Google

RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BlogPeople
 
 





blog seo tool : track word
blog SEO tool
Amazon.co.jp アソシエイト
PAGETOP