社会の窓からこんにちわ

長文のエントリーが多いので、休み休み読んでいただくのがいいかと思います。
トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。
<< 悪魔の毒々モンスター 東京へ行く◇安岡力也、第2の封印。 | main | 死霊の盆踊り◇踊るアホウに見るアホウ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.04.27 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
アンデッド◇宇宙から来た洗濯屋。
アンデッド
アンデッド
2003年/オーストラリア/105分


■スタッフ■
監督・製作・脚本・編集・特殊効果:ピーター&マイケル・スピエリッグ Michael Spierig, Peter Spierig
撮影:アンドリュー・ストラホーン Andrew Strahorn
音楽:クリフ・ブラッドリー Cliff Bradley
プロダクションデザイナー:マシュー・プットランド Matthew Putland
衣装デザイナー:チンタマーニ・エイクド Chintamani Aked
特殊メイク効果:スティーブン・ボイル Steven Boyle

■キャスト■
フェリシティ・メーソン Felicity Mason (レネ)
ムンゴ・マッケイ Mungo McKay (マリオン)
ロブ・ジェンキンス Rob Jenkins (ウェイン)
リサ・カニンガム Lisa Cunningham (サリアンヌ)
エマ・ランドール Emma Randall (モリー)
ダーク・ハンター Dirk Hunter (ハリソン)


解説: 隕石に直撃されゾンビと化した人々と、生き残った人間たちが壮絶な死闘を繰り広げるSFサバイバル・ホラー。監督は、本作が長編デビューとなるオーストラリアの新鋭ピーター&マイケル・スピエリッグ兄弟。超低予算ながら、「手作り視覚効果」を駆使したゴアシーンや独創的な映像センスが各地の映画祭で注目を集め、ハリウッド進出も決まった俊英だ。マカロニウエスタンを思わせる三連散弾銃やガンファイトなど、こだわりあるB級テイストが楽しい。
ストーリー(Yahoo!ムービーより)
突然大量の隕石が降り注いだ平穏な田舎町バークレー。隕石に直撃された人はアンデッドと化し、次々に町の人々を襲い始める。辛うじて生き残ったレネ(フェリシティ・メイソン)たちはマリオン(ムンゴ・マッケイ)の武器店に逃げ込み、迫り来る敵と戦いながら町から脱出を図るが……。
(FLiX)


バビゾさんの「爆裂BLOG」紹介記事で気になっていたこちらの映画を、ようやく鑑賞することができた。
どうでもいいが、衣装デザインのチンタマーニさん、男らしい素敵な名前をお持ちである。って女性だったらどうする。


マリオンの家の扉の鍵がキラーンと光る演出。
頭を撃てばゾンビは一発死になのに、いつまでたっても胴体ばかり撃ってる登場人物。
この監督兄弟、ゲームのほうの『バイオハザード』好きなのかもしれない。

上記の解説で「手作り視覚効果」と書かれているが、そういえばこの映画では、久々に懐かしい特撮が見られた。

タイトル画面。
もくもくもく。


ちょっと『吸血鬼ゴケミドロ』を思わせるタイトル画面にも使われているこれ。
本編でも多用されていた、雲がもくもく湧いてくる特撮だが、この雲は、水を張った水槽に、絵の具を溶かした水を注いで作る。昔のSF大百科的な本には、よくこうした「特撮のしくみ」を解説した記事が載っていた。
CGやモーフィングより、特撮や特殊メーキャップやスタントの迫力が好きな人間にとって、こういう映画は嬉しい。
いや、CGもバッチリ多用されてはいるんだけども。


ストーリーは引用の通りで、隕石の直撃を受けた人々がゾンビと化し、生き残った人間たちを襲いはじめるという、そこだけ見ればそんなに奇抜でもない物語だ。

が、今回の事件を予期し、戦いの準備を進めていた男マリオンは、ゾンビの襲撃について確信を持ってこう言い放つ。

ばーーーん。

「これは宇宙人の侵略だ!!」


ええっ?!
そういうことであれば、これ以上ない奇抜さである。
『ドリームキャッチャー』と肩を並べるといえる。それがホメ言葉かどうかは別として。

というか、宇宙人がゾンビを使って地球侵略って、それじゃ
エド・ウッドの『プラン9・フロム・アウタースペース』
である。
逆に言うと、最低映画の誉れ高い『プラン9』も、ちゃんと作ればこうなるというリベンジ作品ともいえる。
そういう意図が監督になかったとしてもだ。


ともかくマリオンによると、彼が以前、湖で釣りをしていた際、釣り上げた魚に隕石が直撃。
その魚はゾンビになって彼に襲いかかってきたのだという。
おそらく映画史上初、魚のゾンビ登場である。
ものすごくイキがよかった

しかもその直後、いきなり現れたUFOに酸性雨を浴びせられたうえ、アブダクション(誘拐)までされてしまったのだ。


「誘拐中の記憶はないが、ともかく宇宙人から地球を守るために戦え!」 と煽るマリオンに、見どころがあると目を付けられてしまったのが、ミス・バークレーでもある主人公のレネ。
マリオンに見込まれたり、彼氏が見るからにロクデナシだったり、親の遺産として受け取った農場の負債のせいで破産してしまったりと、なにかと不幸を呼び寄せる体質といえる。

ちなみにそのロクデナシの彼氏は、登場から10分もしないうちに死亡→ゾンビに。上半身と下半身とに真っ二つにされながらも、無理矢理ジョイントして中盤に再登場したが、他のザコたちいっしょに、まとめてなぎ倒されてしまっていた。


ゾンビに襲われてレネの逃げ込んだ先がマリオンの家だったわけだが、同じ経緯で、若い夫婦(妻は妊婦)とダメ警官コンビもやってきた。
こうして合計6人の登場人物がマリオンの家に集結するが、どいつもこいつも抜けていたりヒステリックだったりで、まともな人はほとんどいない。
そこがこういう映画のいいところだが。

しかしバビゾさんも書いておられたが、ゾンビの弱点が頭だということに気付くまでが遅すぎで、あんまり登場人物がアタマ悪くても、観てるほうは困る。


そのマリオンの家にも大量のゾンビが押し入ってきて、一同は地下室に逃げ込むことに。この地下室は、さらに床下に隠し通路があって、その奥がシェルターになっているという厳重なつくりだ。
ぼくは漫画『デビルマン』の最初のエピソード(悪魔復活編)で、明と了が地下シェルターに逃げ込む場面を思い出した。


「ゾンビと戦う方法 それは!
 自分自身がゾンビになることだ!」


「ゾンビの体を手に入れたぞ!」

「このようにな!」

「……おれ、ゾンビになっちゃったよ」



さすがにそんな展開にはならないが、このシェルターには、水も食料も用意されていなかったため、たちまちパニックに陥る一同。

「あたしたち全員死ぬのよ!!」(妊婦サリアンヌ)
「俺のいうことを聞け!!」(ヒゲ警官ハリソン)
「エイリアンの侵略だ……」(マリオン)
「ファック!そしてシット!!」(夫ウェイン)
「子供のころの楽しかったことを思い出すのよ!!」(婦警モリー)

絵に描いたようなてんでんばらばら。
ひとり、完全に動転してる人がいるが。
ともかく、この場は権力をカサに着たハリソンの仕切りで一応落ち着くが、このヒゲ警官、仕切りたがるわりに、危ないことは万事他人にやらせるという、身の回りにいたらかなりイヤなタイプだ。

さらにそんな状況で、妊婦サリアンヌが産気づいてしまう。
仕方なく車でマリオンの家を脱出、隣町の病院に向かおうとした一同だったが、バークレーの町は、いつのまにか謎の超巨大な壁によって取り囲まれてしまっていたのだった。

謎の壁。
この壁がじつは×××(自主規制)。


この壁をよじのぼろうとしたハリソンは、降りだした酸性雨に手を滑らせて墜落死。
さらにモリーも、天空からの光によって、とつぜんアブダクションされてしまう。
そこへ『キングダムハーツ』に出てきそうな、黒衣の宇宙人まで現れたからさあたいへん。

将卦ヾ悗凌諭
光る顔の宇宙人。


あわててバークレーの町に逃げ帰り、廃墟と化した商店で装備を整えようとする4人だったが、そこにもゾンビや宇宙人は迫ってきていた……。

なお、この商店でのバトルでは、刃物を手にして大暴れするレネの勇姿を見ることができる。
襲いくるゾンビをバッサバッサと切り捨てる姿は、『ブレインデッド』のラストバトルを思わせるゴアっぷりであった。

ばっさばっさ。
主人公の面目躍如。


とまあそんなふうに、手当たり次第にゾンビをばんばん倒しまくっていた一行なんだけども、ラストで意外かつ皮肉な事実が判明する。








UFOから降る雨を浴びたゾンビが、次々人間に戻っていったのだ。
直後、彼らは天空からの光によって、空中へと吸い上げられていく。

一見アブダクションとも思えるこの現象だが、じつは吸い上げられた人々は、別に危害を加えられることもなく、ただ静かに夜空に漂っていただけであった。
やがて地上の騒動がおさまった頃、傷も治されたかれらは、いっせいにもといた場所へと降ろされた。

乾燥中。
夜風でふんわり乾燥。



この辺の描写の意味について、劇中でハッキリとは語られてないんだけど、要はこういうことらしい。

ゾンビ化ウイルスの付着した隕石が地球に落下
→感染した生き物がゾンビに
→ゾンビウイルスを殺菌するため、宇宙人が特殊な薬品の雨を降らせる
→殺菌の終わった人から、空中に浮かべて乾燥(兼、隔離)
→町全体の殺菌を完了させて、人々を地上に降ろす

つまり侵略どころか、

宇宙人はじつはイイ人たちでした。


これがわかってからもう1度観なおしてみると、最後まで見事に話のつじつまが合っているからすごい。

マリオンが自分の体験を
「宇宙人の侵略だ」
と解釈してしまったおかげで、本来もとの人間に戻れていたゾンビたちまで、主人公一行に虐殺されてしまったことになる。
ラストでレネは
「宇宙人て、ほんとは助けに来てくれたんじゃないの?」
と気付くのだが、後の祭りとはこのことだ。


ばーーーん。

「すまん!!」



ちなみに本作のラストカットは、ロメロのゾンビ3部作の3作目「死霊のえじき」(DAY OF THE DEAD)にちょっと似た感じ。

ゾンビ牧場。
「せーまーい〜……」


あからさまなパロディでなく、こういうふうにオマージュをにおわせる感じは悪くないと思った。




【2005.07.15 Friday 19:11】 author : 猫パンチ | 映画 ア行 | comments(28) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2015.04.27 Monday 19:11】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
この映画、最後まで観れなかった・・寝ちゃって(汗)
ゾンビ物、大好きなのに・・・・。
何が嫌ってあの警官!!う、うぜーーー!!!もう、皆生命の危機迫ってるんだから、一丸となろうよ・・・。
「あーー、早く死んじゃわないかなぁ。」
と全員の死を切望してしまいました・・・。最後まで観たら面白かったんでしょうか・・。でももう一度借りる気がおきませぬ(泣)
【2005/07/17 12:27 PM】 風之介 |
>風之介さま

おぉ、ゾンビもの大好きですか!ステキです。
地下室でパニクってるとこが最大の難所ですな、この映画。もっと落ち着けよと思わされます。ヒゲ警官のうっとおしいこと(笑)

>「あーー、早く死んじゃわないかなぁ。」
と全員の死を切望してしまいました・・・。

ぜ、全員ですか(笑)
ぼくはこういう荒唐無稽なのは好きですね。
またしばらくして、内容忘れた頃にでも、もいちど観てみてくださいなー。
【2005/07/17 2:45 PM】 猫パンチ |
椅子から落ちそうに笑かしていただきました。
ありがとうございます。
こうなると、もうこの映画、何が何でも観たくなりました。
夏の暑苦しい夜長を笑って過ごすのに最高の一作かと!
【2005/07/19 12:01 AM】 acoyo |
>acoyoさま

これ、おととしぐらいの映画なので、ふつうにレンタル店にあると思いますよー。店が発注するさいにスルーされてなければですが(笑)

恐怖な要素はほとんどないです。むしろゲーム『バイオハザード』的な、アクションアドベンチャーだと思って観るといいかもしれません。
ヒゲ警官の嫌なやつぶりを、ぜひ堪能してください(笑)
【2005/07/19 5:53 PM】 猫パンチ |
「夜風でふんわり乾燥」幻想的やわー。
うちゅうじんいいヤツじゃ。
私もこの手の見てていっつも
「はやく死んじゃわないかなー、開始10分くらいで死んでくれたらいいのにー」とか思うんだけど、
セオリーかなんかしんないが、嫌なやつほど生き残るという。TVの中に入ってゾンビの群れに突き落としてやりたくなる衝動にかられる。(んで自分が間違って落ちるという)
【2005/07/20 1:12 PM】 めけ。 |
>めけ。さま

これ、映像はけっこうよかったですよ。乾燥シーンなんかとくに。

ホラーじゃなくても、ヤなやつってけっこうしぶといですよね。話を転がす都合上しょうがないかもしれませんが。
「TVの中に入って」じゃなく、実際にこういう状況になった場合なら、めけ。さんやバビゾさんは主役級の活躍を見せる気がします(失礼なことを)
【2005/07/20 7:20 PM】 猫パンチ |
ねぇさんはチェインソー持って暴れまわりそうだが(ねぇさん失礼!)私は絶対走って逃げてる途中石にけつまづいて転んだ所をエサにされるよ。自信あるもん(笑
猫さんはゾンビに笑いとろうとして・・・んでやっぱ殺される(笑

【2005/07/21 11:29 AM】 めけ。 |
>めけ。さま

うぅぅ、やられ組(笑)
ぼくはたぶん、ゾンビの後ろでふざけてゾンビのマネしてると思います。で、それに夢中になりすぎて、近寄ってきたべつのゾンビに食われそうですな(笑)
【2005/07/21 6:00 PM】 猫パンチ |
お初です!俺はゾンビ嫌いです。
でも「バイオハザード」は好きです!
もう昔に見たゾンビ映画がトラウマになって;^^
でも最近はゾンビ映画みたいな〜と思っています 笑
怖くてきもくないゾンビ映画ってありますか?
バイオハザード以外に。後、アクション盛りだくさんで
【2005/08/14 3:16 PM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

はじめまして〜!
・怖い
・きもくない
・アクション盛りだくさん
でゾンビもの……ものすごく難しいリクエストですな。

そうですねー、『バタリアン』は面白いですよ。
あと厳密にはゾンビ映画じゃないですが、『28日後』とか。
完全にゾンビじゃないものになると、『ヴァンパイア/最期の聖戦』や『フロム・ダスク・ティル・ドーン』が、ガンアクションたっぷりホラーで爽快です。

ゾンビ映画はまず内臓ありき、みたいな部分がありますので、ほとんどは気持ち悪いです。しかも動きが鈍いので、アクションもそんなないんですよ。『バイオハザード』は特例という感じです。

アクションはもっさりですが、ゾンビ映画のさきがけとなった、白黒の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』も素晴らしく怖いですよ。
『ナイト・オブ〜』→『ゾンビ』→『死霊のえじき』と続くゾンビ3部作は、ゾンビ映画の基本でもありますし、見て損はないと思います。
ただし、どれも内臓出たりはしてましたが。

なかなかピッタリなものは思いつかないもんですねー。
下記のサイトも参考にしてみてくださいな。
「ZOMBIE手帖」
http://www.rr.iij4u.or.jp/~django/
【2005/08/14 6:47 PM】 猫パンチ |
そうですか〜。あ、でも
今月公開する「ランド・オブ・ザ・デッド」は面白そうです。
【2005/08/18 4:02 PM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

そうですね、『ランド・オブ・ザ・デッド』は、上で紹介したゾンビ3部作と同じ監督なので、まずハズさないと思いますよ。ぼくも観たいです。

あと、『ハウス・オブ・ザ・デッド』という、セガのゲームを映画化したものが、アクションいっぱいでしたよ。ちょっとバカ映画っぽかったですが(笑)
【2005/08/18 5:37 PM】 猫パンチ |
そうですか。ありがとうございました。
ところでゾンビウイルスとかホントに存在するのかな?
なんて
【2005/09/03 11:13 AM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

どういたしまして〜。あとコメント遅くなりましてすいません。
ゾンビウィルス、個人的にはぜひ実在してほしいです(笑)

『ゾンビ伝説』って映画がたしか、実在する派の内容でしたね。だいぶ昔に観たっきりなので、内容忘れちゃってますが。
【2005/09/06 6:32 PM】 猫パンチ |
でも食われるのは嫌です〜。ってかゾンビのまねしてたら、襲われないかな??(笑)
ゾンビって何で人食うのかね??そんなにおいしいか?人肉。
【2005/09/11 3:36 PM】 ヘルマン |
>へルマンさま

『ショーン・オブ・ザ・デッド』でやってましたな、ゾンビのふりして教われないようにするって作戦。けっこううまくいってました(笑)

ゾンビがなんで人を食べるのかって、そういえばきちんと解説してるのって『バタリアン』ぐらいかもしれませんな。あの映画では「人の脳みそを食べると痛みが和らぐ」とかいうような理由だったと思いましたが。理由のないほうが、怖いといえば怖いですけどね。

ちなみに人肉は、部位にもよりますが、どうもおいしいらしいですよ。
【2005/09/13 11:57 AM】 猫パンチ |
こわ!!!でもゾンビのまねしたら襲われないんだ〜〜。もしゾンビが現れたら、やってみたいものですね〜。ってかゾンビ脳ミソ無いもんね〜。そりゃいけるわな
【2005/09/17 10:49 AM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

マネした相手が『ショーン・オブ・ザ・デッド』のゾンビなら助かる可能性大ですが、『バタリアン』のゾンビだったら速攻で食べられてしまいそうですな(笑)
【2005/09/17 8:16 PM】 猫パンチ |
じゃぁゾンビも食っちゃうじゃん。
あの〜、昔こんなゾンビ映画見たんですけど
あるカップルがいるんだけど、そのカップル
の女のほうが半分ゾンビで、人の肉をちょっと食べるんですよ。でも彼氏は食べないけどね。なんかこういうの。題名忘れちゃったけど知ってます〜??
【2005/09/22 2:34 PM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

女ゾンビが、彼氏を食べるのをガマンしてるってことですか?
ん〜、考えてみたんですが、思い当たりませんでした。ぼくはたぶん、その映画観たことないですね。すいませんが、不明です。

2ちゃんねるの映画板とかできいたら、誰か教えてくれませんかね?
【2005/09/22 10:52 PM】 猫パンチ |
わかりました!!!!「バタリアン・リターンズ」って言うやつです。これは猫パンチsにおすすめしま〜す。女優もきれいだし。
感動ものですよ〜。後、俺にとっちゃ怖かった。やたらにえぐいゾンビ出てきたしね
【2005/09/23 11:07 AM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

あ、それでしたか〜。ジャケットはかっこいいから気になってたんですが、まだ観たことはなかったですな。
今度見かけたら借りてみますね。情報どうもでした!
【2005/09/24 8:25 AM】 猫パンチ |
いえいえ^^いつも俺もあなたに情報を聞かせてもらってますから。
はあ、ドーン・オブ・ザ・デッドみたいな〜。
【2005/09/24 8:59 PM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

『ドーン』は、リメイク元になった『ゾンビ』とは趣旨の違う映画なので、それを期待すると受け付けないかもしれませんが、気にしなければそこそこ面白かったですよ。
ぼくは最後のゾンビカーとか好きですな。
【2005/09/26 5:31 PM】 猫パンチ |
そうなんだ〜
昨日、シン・シティ見てきました〜〜。
80年代のゾンビ映画並みにえぐかった;^^
猫パンチsにはおすすめかも。(グロイから 笑)
『ドーン』といえば、走るゾンビですよね〜。
あ、そうそう、宣伝になるんですが、
ココ俺の掲示板です^^猫パンチsにぜひ来てもらいたいと思ってます。
http://u-maker.com/139867.html
書き込みだけでもしてほしいです^^
そういえば、猫sは何でゾンビ好きなんですか?
【2005/10/02 5:05 PM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

覗かせていただきましたが、「スマイリークラブ」ってとこでよかったんですよね?占いでは「愛のない人」と言われてしまいましたが、まぁ確かにそうかもしれません(笑)

ゾンビ好きというか、恐怖映画は全般に好きですよ。ドキドキするので。
ゾンビものは、何も考えないで観れるのがいいですね。
【2005/10/04 9:46 AM】 猫パンチ |
ゾンビものはだいたいストーリー分かるもんね。俺もホラー映画好きで〜〜〜す。
こないだはテキサスチェーンソー見ました。
あ、そうそう、書き込みありがとうございました〜〜。
【2005/10/04 4:33 PM】 ヘルマン |
>ヘルマンさま

どういたしまして〜。
『テキサスチェーンソー』はリメイクのほうですね。元になった映画のほう(『悪魔のいけにえ』)も面白いですので、未見でしたらぜひ。

あと、このエントリーのコメント欄もだいぶ深く掘り進んできたので、続きは→のメニューにある「猫パンチBBS」に書いていただけると読みやすいかと思います。
【2005/10/07 5:54 PM】 猫パンチ |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://cat-punch.jugem.jp/trackback/96
トラックバック

PROFILE
RECENT COMMENT
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    ひゅーまん (04/20)
  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団◇血に飢えた白い猿。
    シザース (06/05)
  • 吸血鬼ゴケミドロ◇人間なんてララーラーララララーラ(唄:高英男)。
    johnnyA (09/20)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    ぼびー (08/02)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    おりおなえ (04/22)
  • ハヌマーンと5人の仮面ライダー◇ライダー残酷物語。
    マイケル村田 (01/23)
  • ムーンウォーカー◇マイケル・ジャクソンがやってくる ポゥ!ポゥ!ポゥ!
    生きろよ (10/26)
  • サイボーグ009 超銀河伝説◇行かなくてもよかった宇宙。
    名無し (02/27)
  • 楽な仕事カミングアウト。
    Keiya (02/27)
  • 見てしまった人たちへ。
    ゆにこーん (02/02)
NEW ENTRIES
CATEGORIES

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Google

RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BlogPeople
 
 





blog seo tool : track word
blog SEO tool
Amazon.co.jp アソシエイト
PAGETOP